早期に診断を


弁護士TFCC損傷は、神経症状のひとつとして後遺障害に認定される可能性を持っています。レントゲンなどの検査で確認できるようになれば、第12級として認定される可能性がある症状です。事故との因果関係を証明できるだけでも第14級の可能性が出てきます。しかし、症状としてわかっていても、因果関係を証明できなければ何も請求できなくなってしまうでしょう。そのため、交通事故にあったときには、できるだけ早期に医師の診断を受けておくことが大切です。早ければ早いほど、交通事故との因果関係を証明することがしやすく、認定もスムーズに進められます。あとになると、他に要因があったのではないかということで、因果関係が複雑化して照明が難しくなってしまうからです。

TFCC損傷は、さまざまな症状を発しますが、初期の判断によっては改善できない後遺症になってしまう可能性が高まります。リハビリを続けていくとしても、手術のようなことになるとしても、交通事故との因果関係を証明できなければ、慰謝料も治療費も請求できなくなってしまうのですから、はっきりとさせるためにも医師の診断を受けることがポイントです。早期に交通事故の案件に強い弁護士に相談するのも重要といえるでしょう。


●関連サイト

  1. 交通事故で手首の怪我
  2. 腱鞘炎とは違う
  3. 完治する可能性も